子供とグルメ

幼児との外食に必要なおすすめグッズは?我が家の必要最低限の持ち物紹介します

幼児と外食する時の持ち物

小さい子供と一緒の外食は持ち物が多くて大変ですよね。

かといって減らして必要な物が無いと困るし……。

 

そこで、我が家が1歳10ヵ月の息子と行く

外食時に持って行く必要最小限のおすすめのグッズを紹介します。

子育て中でも美味しいものを楽しみたいなと思っています。

幼児との外食に持っていくもの

幼児と外食時の持ち物

我が家が子供(1歳10ヵ月の息子)との外食時に、必ず持って行くものはこちら

ご飯関係

  • 幼児用のレトルト食品
  • 乾燥お米
  • 飲み物
  • おせんべいなどのおやつ
  • 深さのある紙皿、紙コップ
  • スプーン
  • 手拭き
  • アルコール
  • お食事エプロン
  • 歯ブラシ
  • ごみを入れるビニール

 

うちはレトルト+お米がフリーズドライになっているものを持っていきます。

レトルトとお米が同じ袋に入っているものもありますが、それだと足りないんです。

 

なので、レトルトは具だけのものにしてお米を加えて使っています。

量の調整もできるのでおすすめです。

 

荷物を減らすなら、それぞれのサイズを小さいものにすると良いですよ。

私はエプロンとアルコール、手拭きを小さいサイズにしたら

だいぶ荷物がコンパクトになりましたよ。

その他

  • ティッシュ
  • オムツ
  • お尻拭き
  • ビニール
  • 着替え上下1セット
  • お気に入りのおもちゃ1~2個

です。

これが必要最低限の荷物です。

 

けっこうあるように感じますが、どれも必要なものなんですよね。

お店によっては、子供用のお皿やスプーンを出してくれるところもありますが、

念のため持って行っています。

 

事前に調べて、子供用のメニューがあるところに行くなら

レトルトは必要ないと思います。

 

歯磨きですが、外食時は磨くタイミングを逃すことが多いのですが

なるべくするようにしています。

オモチャはぬいぐるみ+音が出て楽しいものを持っていっていますよ。

子連れ外食で我が家が注意していること

注意していることは、

友人達など複数で予定を合わせて行く場合は別ですが、

家族で行く時は「予定変更OKで決して無理をしない」ということです。

 

「行きたかった店に行ってみたらメチャクチャ混んでる」

という場合は、そこにこだわりすぎずに別の店に入ることが多いです。

 

我が家は混んでいる所だと、

  • 食べ始めるまでに時間がかかって子供がグズる
  • ベビーカーが邪魔になる恐れがあって気になる
  • 店内が騒がしく子供が落ち着かずに暴れる
  • 早く食べて退店しないといけないと思い、楽しめない

ということがあるので、なるべく親も子もストレスにならないように

臨機応変に決めています。

店を選ぶポイント

子連れで外食する時は「どんな店なら快適に食事ができるか?」

を頭に入れて選んでいます。

 

それがこちら

  • ベビーカーでも行きやすいか(段差の有無、そのまま席に入れるか?、畳んだ時は置き場所が十分にあるか?)
  • オムツ替えの台があるか
  • 子供メニューがあるか
  • なるべく平日にする

です。

 

これだと安心!な選び方は、「子供用のメニューがあるかどうか?」です。

お子様ランチなどが存在すれば、子供が来るのを前提としているので

オムツ替えができたりベビーカーでも行きやすい造りになっていることが多いからです。

なので事前にリサーチしておくとスムーズですよ。

さいごに

子育てが始まって間もない時は、色々心配になりすぎて

「あれ持って行こう!これも無いと絶対ダメ」とバッグに入るだけ物を持って行っていました。

正直これだと疲れます。

 

ちょっと外食するだけで大掛かりでヘトヘトになるので、「しばらく外食は諦めようかな」

と思うこともありましたが、息抜きもしたいし子育て中だって楽しみたいし、

出かけると息子も急に沢山話すようになって成長したりするので

工夫して行けばいいなと思うようになりました。

 

不便な場所でない限りは、忘れたものがあっても買い足せるので

あまり神経質にならない方がいいですよ。

 

子育てはまだまだ先が長いので、工夫しながら楽しめたらいいなと思っています。

美味しいものを食べると元気が出ますよ。

-子供とグルメ

© 2022 やっぱりグルメ Powered by AFFINGER5